来春 シェイクスピア作「マクベス」 公演予定 乞うご期待!!

マクベス2019年度スケジュール(10月12日現在)

作        W・シェイクスピア

訳       小田島雄志(白水社刊)

上演台本      横内 正

演 出      横内 正

企画・製作    TYプロモーション

プロデューサー  詩笛立季

演出助手

舞台監督          井口裕弘

美術       浅井裕子

衣装デザイン    時広真吾

ヘアーメイク    野林あい

アクションコーディネート 潮見勇輝

所作指導      藤間克貴

ヘアープランナー  奥山光映

照明        大串博文

音響        岡田俊道(松竹ショウビズスタジオ)

アートディレクター 井上順雄

日時        2019年 2月14日(木)~17日(日)(全8ステージ)

チケット代金    プレミアムシート席 SS席10000円  

                    S席8500円 B席6500円

劇場             日本橋三越本店6階 三越劇場(重要指定文化財)

               中央区日本橋室町1-4-1三越日本橋本店6F

記者会見           日時未定

2月14日(木) 初日  2月17日(日)千穐楽  毎公演トークショーあり(予定)

本稽古 2019年1月4日初日予定 ゼルコーバキャビンスタジオ(駐車場有)

       1月10日より2月11日 光文社スタジオ(駐車場なし) 要町 

       2月11日稽古場バラシ ご協力お願い致します

ゼルコーバキャビンスタジオ

世田谷区八幡山3-6-2

島田益吉邸内 03-3303-6195

光文社スタジオ

豊島区池袋3-1-2 光文社ビル地下1階

03-3986-3011

【劇場入り日程】

 2月11日(月)20時以降 三越劇場 搬入(スタッフ様、俳優様)

    12日(火)スタッフの皆様 朝から仕込み(男性出演者様)

         仕込み以外の男性役者様は、女性出演者さまと、ロビー周り、受付、

         楽屋づくりをお願いしております。(女性出演者)

         舞台が出来上がった所、照明合わせの中大変申し訳ありません。           

         18時  正式 場当たり(予定)

    13日(水)11時  衣装メイク有りで、通し稽古。2回行います。

         18時  ゲネプロです。   

    14日(木)11時半・M/16時・L 初日

    15日(金)13時・L/18時・M

    16日 (土)11時半・M/16時半・Ⅼ

    17日(日)11時半・Ⅼ/16時半・Ⅿ

    ヘアーメイク   野林あい  

*ご自分のヘアーメイクの方をお連れになる場合は前もってお知らせください。

出演者 横内 正・田村  亮様・松村雄基様。

佐々木 正洋  様(元テレ朝アナウンサー)・加藤頼様・佐藤正宏様・棚橋幸代様・北町嘉朗様他男女オールキャスト(一部を除く)オーデイション行います。次回リア王公演にも反映されます。  

*この公演は、「いじめ0思いやり100運動」(いじめぜろおもいやり100うんどう)

           ~俳優・横内正から広がる思いやり運動~に参加しております。

オーデイション

募集内容

18歳から45歳までの男女総勢45名の舞台を作り上げます。

1月4日より2月17日まで全稽古本番に出席できる方。

履歴書、芸歴書に黒いシャツ、上下を着た、上半身、全身の写真を貼付

身長体重スリーサイズ頭、靴サイズ、血液型、干支を書いてください。

シェイクスピア、マクベスという作品への思い入れや、この作品にどのように貢献できるか、書きそえて下さい。mail (必ず件名にマクベス応募とご自身のお名前を入れてください)又は郵便(添付する写真王らにお名前年齢を入れること)で送ること。

mail:info@ty-pro.com  宛先:〒150-0012 渋谷区広尾5-8-16-601

お問い合わせ03-6277-1702

書類選考後合格者へご連絡、必ず携帯等繋がりやすい電話番号をお書きください。頂いた書類資料等は一切返却できません。合否のお問い合わせはお受けできません。オーデイション会場への交通費等はご自身でご負担されてくださいませ。

書類選考合格者は2次オーデイションへ

実技当日は黒いシャツ等、動きやすい服装でうわばきをもち、お越しください。

応募締め切り11月15日

募集開始後、書類選考合格者は募集中より2次オーデイションを受けて頂きます。

予定 11月3日他

舞台にお立ち頂ける方が固まり次第、オーディションを締め切る可能性

があります。できるだけ多くの方にお会いしたいと思っております。

全力でご参加くださいませ!楽しみにしております。

プロデユーサー詩笛立季